私の住んでいる街の、市民に愛され親しまれている「朝日山」の2文字をいただきタイトル名に冠しました


by sgk511

プロフィールを見る
画像一覧

茶室紹介(6) 露滴庵

露滴庵
尾道には前回紹介した「明喜庵」の他に凄い茶室がもう一つあります。それは、広島県尾道市東久保町の「浄土寺」 重要文化財の茶室「露滴庵」です。露滴庵は吉田織部好みで、豊臣秀吉愛用の茶室「燕庵」の現存最古の写しだそうです。

浄土寺 本堂
真言宗の浄土寺は、本堂内陣をはじめ国の名勝指定庭園など、露滴庵を含む境内全域が国宝だそうです。
d0161739_1755591.jpg

庫裏
正面奥の庫裏および客殿
d0161739_1044834.jpg

庭園
社寺内から国の名勝指定の庭園を眺めた景色です。正面奥に見える茅葺屋根の建物が露滴庵の一部です
d0161739_17565983.jpg

露滴庵
もとは京都・伏見城内にあった茶席で、京都・本願寺を経て江戸時代に広島の向島へ移築されたといわれており、後にここ浄土寺に寄進されたようです。
間取りは、3畳台目の茶室、相伴席、水屋よりなる本席と、 4畳と4畳半の勝手、台所などからなり、いわゆる古田織部」好みの燕庵 形式の古い風格をもつ建物で。
2014年11に7年ぶりに一般公開され、翌15年にも3日間公開されたようですが、今年の一般公開はあるのっでしょうか?。写真は、非公開につき雑誌から抜粋したものです。
d0161739_17575645.jpg

[PR]
# by sgk511 | 2017-03-02 18:48 | 茶道 その他 | Comments(0)

茶室紹介(5) 明喜庵

明喜庵は国宝の京都「妙喜庵 待庵」の写し
尾道に爽籟軒庭園という趣向を凝らした庭園があります、その爽籟軒は江戸時代の豪商橋本家の別荘で、当時は広大な敷地を誇る豪邸だったそうです。その日本庭園にある茶室「明喜庵」は京都山崎にある国宝の「妙喜庵待庵」の写しとして現存する、国内でも貴重なものなのです。2007年に庭園が尾道市の名勝に指定され、茶室明喜庵は尾道市重要文化財に指定されています。
d0161739_162041100.jpg

外観
向かい側の道路から見た外観です。場所は尾道市久保町で、営業日は土、日、祝日のみのようです。事前に申し込みのうえ、茶会のみに借用できるようです。
d0161739_16221698.jpg

中門
切妻屋根の中門で、表千家の「中潜り」に似てますね!?。中潜りは地面から40㎝ほどの高さの敷居があって、それをまたいで潜るという構造ですが、この中門にはそれがない形になっています。
d0161739_16283619.jpg

腰掛待合
中門を通ると右手にこのような腰掛待合席があります
d0161739_16292996.jpg

露地
素敵な露地で長く続く飛石が打たれた、茶室に向かう途中の景色です
d0161739_16301887.jpg

建物全景
露地越しの景色で樹木等でちょっと分かりづらいのですが、右側が明喜庵で、左に振るともう一つの茶室が見えます。
d0161739_16324214.jpg

妙喜庵躙り口より見た内部
畳2枚で、隅切の炉はちょっと分かりずらいですね、床は室床、天井は化粧屋根板の極小空間になっています。
d0161739_16371645.jpg

左側茶室入口
先の建物全景の左側茶室の入り口です
d0161739_1650724.jpg

左茶室より見た内部
その入り口から見た内部の様子です。残念ながら内部に入ることが出来ないので詳細は解りませんが、使用料払って茶会が出来るのは、多分この茶室なのかな
d0161739_16514634.jpg

上記内部の天井構造
棹縁天井、落天井、化粧屋根裏の三段構造の天井になっているようです
d0161739_16531416.jpg

露地
露地のアクセントとなる石灯篭、簀子をかぶせた井筒が配置され、長く打たれた飛石との組み合わせが何とも言えない風情を感じます。茶室を見学し、元に戻る途中の露地の景色です・・・。
d0161739_1654613.jpg

[PR]
# by sgk511 | 2017-02-27 16:54 | 茶道 その他 | Comments(0)

茶室紹介(4) 望城亭

福寿会館「望城亭」
福寿会館は福山駅から徒歩5分、福山市丸之内の福山城公園内にある建物で、貸会議室や貸茶室として使われています。和館、洋館の2つの施設で構成され、両館含めていくつかの建物が国の登録有形文化財に登録されているそうです。

会館正面入り口
会館入ると福山城を左手に、露地伝いの廊下を奥に進むと「西茶室」、南茶室「望城亭」は左建物の左側沿いに進むと路地口に通じます
d0161739_1644050.jpg

福山城を望む
南側の広縁からは、露地越しに城を眺望できるように設計されており、特に目前にそびえる天守閣の雄壮な姿は絶景です
d0161739_1675832.jpg

望城亭(南茶室)
福山市のHPによると、南茶室は、「望城亭」と呼ばれ、表千家家元より頂戴した名といわれおり、昭和17年に西茶室と同じく、数寄屋造りの巨匠といわれた笛吹嘉一郎氏が造った建物だそうです

外露地腰掛待合
路地口入ると幾つかの中門があり、最初の中門を潜ると、左手にこのような外露地腰掛待合席があります
d0161739_1692120.jpg

中潜り
道が二手に分かれており、屋根がついて敷居を跨いでとおり、前後に乗り越え石を設けたいわゆる中潜りといわれる中門がありました。因みに中潜りといえば表千家にある中門の一種です
d0161739_16101929.jpg

内露地腰掛待合
更に進むと内露地に設けられた腰掛待合席があり、隣には雪隠(便所)が設けられており、基本的な露地の設計になっています
d0161739_16111493.jpg

望城亭(南茶室)
正面に見えるのが望城亭で、右側にも中門が見えますが切妻屋根の茅葺門のようです
d0161739_16122384.jpg

八畳の間
中は八畳、三畳が2部屋に水屋の4部屋からなっているようです。この八畳の茶室には、9尺の袋床、左3尺が袋になり、炉の位置は本勝手になっています。
d0161739_16135859.jpg

三畳の間(小間)
2部屋のうちの一つは、利休好みの三畳台目の小間で、下座床の設計になっており、天井は網代の3段構造でした
d0161739_16153614.jpg

福寿会館和館
本館は大部分が和風で構成され、平屋で「数寄屋造り」を基本に造られています

西茶室
西茶室は、本館西側に渡り廊下を介して建てられており、本館との調和がはかられた数奇屋風建築で、昭和15年、数寄屋造りの巨匠として名を馳せた笛吹嘉一郎氏の建築によるものだそうです
d0161739_1621535.jpg

三畳の間(小間)
利休好の三畳台目の茶室と、二畳中板付茶室があるそうですが、こちらは三畳台目の小間です。外の蹲踞は古田織部形の灯篭が風情を誘うといわれているようです
d0161739_16224649.jpg

[PR]
# by sgk511 | 2017-02-26 17:15 | 茶道 その他 | Comments(0)

十輪院の火渡り

火渡り秘法(十輪院春の大祭)
府中市備後路に春の訪れを告げる火渡り荒行で、健康と幸福を祈願する厄よけ、開運の荒行は誰でも参加できます。2年ほど都合がつかなくて参加できなかったのですが、今年は女房と二人で行ってきました。
d0161739_13474437.jpg

点火された護摩壇
午前中本堂で法要があり、午後1時から火渡りが実施され、住職の祈りに続いて護摩壇が点火されたところです
d0161739_1349190.jpg

来訪者の願い事が記された護摩木
事前に、名前、年齢、願い事などを書き記した護摩木です。このあと各僧侶から一本一本祈りが込められた後、燃え盛る護摩壇の中に投入されます
d0161739_13493735.jpg

燃え上がる護摩壇
終始各僧侶らの念佛、鳴り物などのうちに進行されますが、そろそろ皆さんが書き込まれた護摩木が焚かれる状態になったようです
d0161739_1350893.jpg

護摩木を投げ入れる様子
一度に10本づつぐらい投げ込まれて焚かれますが、いま僧侶により投げ込まれた瞬間です
d0161739_13512773.jpg

燃え残った炭火の整備
総ての護摩木を焚き終えるまで1時間半程度要したと思いますが、その後は燃え残りの炭火が僧侶により整備されます
d0161739_13524725.jpg

住職が渡る
準備完了の後、まず住職が火渡りします
d0161739_154145.jpg

順番を待つ
住職に続いて、各僧侶、一般の参加者の順に渡りますが、こうして順番を待ちます。奥に顔だけ飛び出ているのが、順番待ちする私です
d0161739_13535596.jpg

私も渡りました
無病息災を願い私も火渡りしました。今年も元気で活躍できそうです(^0^)!!
d0161739_14354636.jpg

[PR]
# by sgk511 | 2017-02-18 14:31 | ぶらりお出かけ | Comments(0)

三原神明市

神明大ダルマ
今年も三原神明市、ダルマ市とも言われ、年々賑わいをみせていますが、最終日の12日に行ってきました。
もちろん縁起物のダルマを買うためにです(^0^)・・・正面が名物「神明大ダルマ」
d0161739_11554968.jpg

約32万人の人出
全国から約500軒を越える露店商や催し物などが軒を連ねますが、今年は3日間で32万人の人が訪れたそうです!?
d0161739_11564122.jpg

ダルマ市
何ヶ所かダルマを購入できるところはありますが、交通安全のお守りミニダルマはここでしか買えません。毎年買って車のフロントガラスに下げています、ところが本日午前中で売れ切れたそうです、ざんね~ん(>0<)
d0161739_11574664.jpg

ダルマを買い求める人々
d0161739_11584149.jpg

[PR]
# by sgk511 | 2017-02-18 12:20 | ぶらりお出かけ | Comments(0)

カテゴリ

全体
茶道 お稽古風景
茶道 茶事・初釜
茶道 篠笛とお茶の会
茶道 国際交流
茶道 うれしい知らせ
茶道 研究会千家講師訓
茶道 その他
お菓子の部屋
お客様
花・果物
旅行
ぶらりお出かけ
日曜大工
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

ご指摘ありがとうございま..
by sgk511 at 17:07
見ていただいてありがとう..
by sgk511 at 16:52
今日お稽古してきましたば..
by egreen100 at 17:20
ご覧いただきありがとうご..
by sgk511 at 23:38
始めまして 西口と申しま..
by 西口 at 08:10
みなさま おめでとうござ..
by Golden Book at 23:02
茶室紹介楽しく拝見しまし..
by otya daisuki at 00:04
みなさま 許状取得おめで..
by Golden Book at 15:00
この記事とは関係ないんで..
by ぴろえ at 21:05
みなさま、合格おめでとう..
by Golden Book at 22:49

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

茶室紹介(6) 露滴庵
at 2017-03-02 18:48
茶室紹介(5) 明喜庵
at 2017-02-27 16:54
茶室紹介(4) 望城亭
at 2017-02-26 17:15
十輪院の火渡り
at 2017-02-18 14:31
三原神明市
at 2017-02-18 12:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧