私の住んでいる街の、市民に愛され親しまれている「朝日山」の2文字をいただきタイトル名に冠しました


by sgk511

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

第14回 しの笛とお茶を楽しむ会

14回目(7年)のお茶会を、お客様とともに楽しみました104.png169.png
先の10月7日に、7年続いている秋の「しの笛とお茶を楽しむ会」を行いました。今回もいろいろと趣向を凝らし楽しい茶会をめざし頑張りましたので、以下当日の様子をお楽しみください。

茶箱 月点前
千利休が大善寺山(福岡県)で野がけの茶会を催したのが、茶箱の始まりといわれています。茶箱点前は四季を通じた4点前の他、合わせて六つの点前があり、その中で今日は「月点前」というのをやりました。月点前は秋の点前で、器据を最大限に活用し、ウグイスを用いるのが独特の趣を生み出しており、茶箱点前の中でも最も美しい点前だとされています。

写真は器据に各種のお茶道具が配置され、ウグイスには茶筅が立てられ、茶箱の蓋上には小羽根と香合が置かれた状態の、点前中の点前座の様子です。
ちなみにウグイスとは、もともと昔の和歌から来たもので、香道では使用済みの香包を挿しておく金属の棒状の香串を、ウグイスが香を求めてとまるということから名づけられたそうです。後に11代家元が、それを月点前に用いる茶筅を器据に立てて置くため、香道のウグイスをU字形に曲げられました。
d0161739_14164074.jpg

しの笛吹奏
主催者挨拶
恒例の主催者の挨拶。この後しの笛、茶席へと進んでいきますが、14回目でありお客様も馴染の方が多く、その辺は心得ておられるようです・・・。
d0161739_14243228.jpg
笛の音に聴き入る
しの笛の先生も野点傘脇に腰を掛け、笛の音に耳を傾けておられるようです169.png
d0161739_14292885.jpg
4人による合奏
先生を含む4人による合奏風景。
d0161739_14332100.jpg
茶席
点前座の設え

点前座から見た席中全体の様子
左右、真ん中と、どの席からも点前の様子が見えるよう工夫したつもりです。
d0161739_14501400.jpg
野点傘
茶箱による点前のため、野点風の雰囲気をイメージして野点傘、赤い敷物を敷いた腰掛などご覧のような設えをしてみました。
d0161739_14520474.jpg
花結界
秋の月点前ということから花結界を据え、竹筒には秋の七草の、女郎花、ススキ、桔梗、撫子、フジバカマ、クズ、萩を入れました。秋の七草はお粥に入れて食す春の七草と違い、鮮やかな花を眺めて楽しみます。秋の七草は「オ・ス・キ・ナ・フ・ク・ハ」と暗記すると覚えやすいですよ110.png

そうそう、言わなきゃ分からないので言いますが、花結界は私が作りました105.png172.png。ご希望の方が居られましたらいつでもお使いください(*_*)
d0161739_14541511.jpg

第一席
淑やかに点前始まる
美しい七草の花を前に、いよいよ第一席目の点前が淑やかにスタートしました。
d0161739_15011900.jpg
茶巾のたたみ替え
この点前は、予め絞った茶巾を茶巾筒に入れて茶箱に納めていますが、点前が始まり茶巾筒から茶巾を取り出すと、写真のように茶巾をたたみ直します。
d0161739_15031605.jpg
なごやかに振出しの説明
茶箱の場合のお菓子は金平糖や豆などを振出しに入れておきますが、振出しの扱い方などを和やかな雰囲気で正客、次客に説明しています。振出しは九谷焼の呉須赤絵写です。
d0161739_15063306.jpg
調子に乗って中腰で説明
あれもこれも説明したいことが沢山あり、熱が入り、時間が迫る中、ついには膝をつき中腰になっての力説風景です。
d0161739_15090784.jpg
お運び
点前が始まると水屋からお菓子やお茶をお運びしますが、お盆の上のお菓子も月点前に合わせたまん丸いお月さんをイメージしたお菓子を準備しました111.png
d0161739_15105452.jpg
落語か漫才みたい
お客様との話のやり取り中、可笑しいことがあったのか思わずのこの様子はまるで落語か漫才のようです。お点前さんも思わずこの表情、ズッコケますよね(*_*)
d0161739_15153799.jpg
地元テレビのインタビューに応じる
当日は地元テレビ局の取材が入っており、第一席終了後取材に応じる様子です。
d0161739_15171992.jpg
第二席
器据を広げる
席が改まりお点前さんも替わりました。本日初デビューですが以前お稽古されていた方でもあり、落ち着いて、茶箱点前の中でも最も美しい点前と言われるに相応しく、奇麗なお点前をされました。写真は器据を広げているところです。
d0161739_15271387.jpg
茶碗を袋から出す
茶碗、小棗、茶杓は仕服に入っていますが、写真は茶碗を袋から取り出すところです。今日の仕服三点の裂地は円文白虎朱雀錦です。
d0161739_15280586.jpg
小棗を袋から出す
続いて小棗を袋から取り出し器据の上に置いていきます。小棗は掻き合せ塗りの白粉解形のものです。
d0161739_15291440.jpg
茶を点てる
茶筅を振りお茶を点てているところです。お点前もここまで来ると、普通は心も落ち着きいつもの自分のペースだと思うのですが、果たしていかがだったでしょうか!?
薄茶席で、茶銘は本来客の方から聞かないのが決まりですが、本日のお茶は、小山園の「苔の白」です。
d0161739_15300716.jpg
正客に古帛紗に乗った茶碗の茶の飲み方を説明
この点前は茶碗を古帛紗にのせてお出しするので、古帛紗に乗った茶を飲むときの扱いを説明しています。
d0161739_15315675.jpg
点前終って最後に二人で感謝のご挨拶
点前が終わり二人揃って最後のお仕舞のご挨拶の様子です。
d0161739_15363516.jpg
第三席
茶箱持ち出し
3人目のお点前さんの登場です、当教室では大先輩の方で、何度もこの場に登場されている方です。写真は茶箱を持出し瓶掛正面に置いたところです。
d0161739_15385542.jpg
掛合を下ろす
やや点前が進行し、掛合を茶箱手前に下ろすところのようです。
d0161739_15400880.jpg
正客にお茶を出す
たまたま正客席に座っていただいた方はいつものお馴染みさんでホッとしました110.png。お茶をお出ししたところですが、今日は京焼の、めでたい束ね熨斗の絵柄の茶碗です。
d0161739_15412934.jpg
点前座から見た席中の様子
お運びのさんの慌ただしく行き交う姿が、なんとなく華やかな席中の様子です。半東がこれから正客さんに茶をお出しするところですが、お点前さんは落ち着いたもんです。
d0161739_15431190.jpg
正客、次客と楽しそうに話す様子
次客さんから、「私らには金平糖が無い!?」と注文を受け、慌ててその説明をしていますが、席中はドッと笑いに包まれました106.png。席中の皆さんには主菓子に金平糖を添えてお出ししましたが、正客、次客さんには振出しの中の金平糖を自ら取り出す体験をしていただくため、楽しそうにその説明をしています。
d0161739_15451325.jpg
最前列のお客様にお茶をお出ししているところかな?
最前列の一番近くで楽しんでいただいた方へ、お茶をお出ししているところのようです。
d0161739_15492629.jpg
末客のお茶の喫い切りでいよいよ本席も終盤
そろそろ末客さんの最後の喫い切りのタイミングのようですね。実は末席のお二人は、お点前さんのご両親さんなんですよ(*_*)
いつも顔を見せていただき、大応援団の代表みたいな存在の方です。
d0161739_15532824.jpg
みんなで頑張りました

今日一日みんなで頑張っていただいた朝日茶道教室の皆さんです。今度は来年の春です、次回も宜しくお願いいたします。
d0161739_15544327.jpg


[PR]
# by sgk511 | 2018-10-29 16:51 | 茶道 篠笛とお茶の会 | Comments(0)

お盆休み 倉敷美観地区へ

倉敷美観地区
一昨日の道の駅に続いて、今日は3人で、倉敷の美観地区へドライブしました。猛暑というか酷暑のなかにもかかわらず、人気の観光地だけに、さすがに大勢の観光客で賑っていました。なかなか落ち着ける場所もなく、奥さんの手作り弁当持参は大正解でした101.png169.png172.png
コータロー君とのツーショット
d0161739_15052108.jpg
涼しげな川舟
d0161739_14455764.jpg
写真嫌いの奥さんも、 勝手に投稿しちゃえ・・・怒られるかな133.png
d0161739_14462450.jpg

[PR]
# by sgk511 | 2018-08-19 22:04 | ぶらりお出かけ | Comments(0)

お盆休み 道の駅ハシゴ

道の駅をハシゴ
お盆休みに近くの道の駅2ヶ所ハシゴしました。目当ては尾道の道の駅「ええじゃん尾道」で新鮮野菜と、生きの良い魚を買い求めること。次に御調の道の駅で、地元野菜主体の昼食バイキングを食べることでした。

ええじゃん尾道

私の友達から、野菜はもちろん魚買うなら「ええじゃん尾道」に限るといわれ、奥さんと二人で気分転換を兼ねて出かけました。実は2回目で、最初は午後に行ったので、魚は全部売り切れでした。今回は家を早めに出て9時過ぎに着きましたが、今日はたくさん捕れなかったので、「ほとんど売り切れ状態です」と言われて、まことに残念でした。135.png
d0161739_11473017.jpg
写真が前後しましたが、上が野菜売り場で、下が魚売り場です。さすがに尾道JAがやっているだけあって、新鮮野菜の豊富さには目をみはるばかりで驚きました。
d0161739_16170633.png
道の駅「クロスロードみつぎ」
すでに何回か来たところですが、「レストラン 野の葡萄」という、地元野菜を中心にした身体にやさしいバイキングを食べさせてくれる店があるのです。尾道から御調に回って楽しみにしていた昼食をいただきました。
d0161739_13484315.jpg
ここも人気の道の駅で店内の売り場、別棟の野菜売り場、その他の売り場など結構充実していて、時間をかけて楽しめるところです。写真は建物外の様子です。
d0161739_13494151.jpg

[PR]
# by sgk511 | 2018-08-18 21:09 | ぶらりお出かけ | Comments(0)

広島フラワーフェスティバル

久し振りのフラワーフェスティバル、人の多さにビックリ(*_*)
歩行者天国の平和大通りの様子
d0161739_11385036.jpg
横から目線
道路脇に腰かけて、露店で買った缶ビール飲みながらの眺めです
d0161739_11394764.jpg
マリンバ演奏
女房はマリンバの演奏が一番良かったようです。奏者は石原有紀子さん、提供は中電工さんでした171.png172.png
d0161739_11403423.jpg
警察、自衛隊合同演奏
つい先日西風新都のジ・アウトレットオープンの日に、県警音楽隊の演奏を聴いて感激したところでしたが、今日は自衛隊、消防署、県警音楽隊との合同で平和記念館横のメイン会場で合同演奏をされていました。
d0161739_11415500.jpg
小芋を洗うような混雑
物産展会場ではご覧のような人ごみで、人に押されて自然に前に進むといったような混雑ぶりでした143.png
d0161739_11432907.jpg
ロックバンド
いたるところにステージがあって歌や踊りで盛り上がっていました。
d0161739_11442364.jpg
木陰で休みながら
大きな木の陰で一休みしながら左ステージの観覧のようです
d0161739_11451643.jpg


[PR]
# by sgk511 | 2018-05-05 12:10 | ぶらりお出かけ | Comments(0)

お稽古風景(51)…四ヶ伝(中級)シリーズ⑥ 「唐物」<炉>

道具の決り
1、唐物茶入(伝来は問わない、唐物であればよい)
2、行の茶杓(止節)
3、楽茶碗(赤でも可)
4、曲水指、唐銅建水、竹蓋置

事前の準備
1、曲水指の前に仕服に入れた唐物茶入を畳1目程あけて荘る。
2、茶碗に茶巾、茶筅、茶杓を仕組む。
3、唐銅の建水に竹の蓋置、柄杓を仕組む。
4、菓子は3種(主菓子2種と水菓子1種)を縁高に入れ、黒文字と杉箸を添える。

点前
茶碗を持って居前に進む

茶道口で茶碗を膝前に置き、手をついて(第2関節まで)襖を開けて入り、手をついて襖を閉め、水指正面に座る。
茶碗を勝手付きに仮置きし、両手で茶入を取り左手に乗せ、右手で押さえながら居前(外隅)に向く。

仕覆を脱がせ茶入を膝前に置く
茶入を両手で膝前に置き、紐を一つほどき両手で横を向け、打ち留めを引き手前、向こうとつがりを開き、両手で取り左手に縦に乗せ、左、右と脱がせ
d0161739_14030020.jpg
仕覆の口を茶入につけた状態のままを膝前に置く。
d0161739_14063705.jpg
茶入を胴拭きし水指前に置き直す
仕覆は左方へ返し右手で扱い、左手で水指の左横に置く。帛紗を真に捌き、右手を添えて左手で茶入を取り、蓋を手前、向こうと二引きし、時計回りに3回胴拭きする。帛紗を一つ開き茶入を乗せ
d0161739_14153541.jpg
すべらすように右手で水指前(畳3目)に置き、帛紗を下から3枚目をとって腰に付ける。
d0161739_14175269.jpg
茶碗を膝前に置く
左手で茶碗を取り右手で膝前(茶を点てる位置)に置く
d0161739_14224924.jpg
膝退し水屋へ下がり、建水を持って入り、再び居前に坐り柄杓を引き総礼
膝退し水屋へ下がる。建水を持って入り、襖を閉め、立ったところに座り建水を置いて膝行。
d0161739_14300307.jpg
柄杓を構えて蓋置を定座に出し、柄杓を引き総礼。建水を進めて居住いを正す。

茶杓を清め茶入に乗せる
帛紗を草に捌き、茶杓を3回清めて帛紗を握ったまま左手で扱い、右手で茶杓を下からとり、茶入の蓋に櫂先を伏せて切り止めが炉縁外隅を向くように置く。
d0161739_14401839.jpg
茶筅を定座に出す
茶筅を定座(柄杓の切り止めの上、畳縁から5目)に出し
d0161739_14432223.jpg
茶巾を出し、湯を汲み、中蓋をする
茶巾を、茶入をよけるように水指蓋上に乗せ(男子は帛紗を腰に付ける)、帛紗を左指にはさんで柄杓を構え、帛紗で釜の蓋をとって帛紗を右膝頭に置く。湯を茶碗に入れ、中蓋をし柄杓を蓋置に引く。

茶筅通しの後茶碗を拭き、掬い出しで茶を入れる
茶筅通し(2度上げ3度打ち)をして茶筅を戻し、湯を捨て茶巾で拭き、茶碗を置いて茶巾を戻す。右手で茶杓をとり、左手で扱って茶碗の上に預け、両手で茶入をとって左手に乗せ、蓋をとり茶碗の右に置く。掬い出しのみで茶を茶碗に入れ、茶杓を茶碗の上に預け、茶入の蓋をし両手で戻す。
d0161739_15034820.jpg
茶をさばき茶杓を茶入の蓋上に戻す
茶杓で茶をさばいて茶碗の縁で打ち、左手で扱い右手で茶杓を下からとり、茶入の蓋に櫂先を伏せて置く。
d0161739_15095865.jpg
湯を入れ、茶を練り、茶碗を定座に出す
柄杓を構えて帛紗で釜の蓋をとり、帛紗を左膝横に手なりに置く、湯を入れ茶を練り、湯を入れさらに練り、茶筅を建水の肩(汚れたら建水の肩)に置き
d0161739_15330557.jpg
茶碗を定座に出す。
d0161739_15340328.jpg
正客が一口飲むと服加減を聞く
正客は茶碗を引き、総礼して飲む。正客の一口で服加減を聞き中仕舞をする。
d0161739_15384861.jpg
正客は「大変けっこうです」等、簡潔に答える
d0161739_15392687.jpg
茶名、お菓子等の問答の後中仕舞を解く
客付きを向き、茶名、詰、菓子の問いに答え、詰の飲み切りで居前に戻り中仕舞を解く。

水一杓釜に入れ帛紗を腰に付ける
茶巾を釜蓋に乗せ、水指の蓋の手前を両手で取り
d0161739_15484708.jpg
茶入をよけるように取り、左手で表が客に向くように水指の左に立てる。水一杓を釜に入れ、帛紗を腰に付ける。
d0161739_15515999.jpg
茶碗の問いに答え、お仕舞の挨拶
茶碗が返ったら取込み総礼、茶碗の問いに答える。湯を入れ、捨て、「お仕舞に致します」のあいさつ。
d0161739_15540793.jpg
茶筅通しの後茶杓を清め、帛紗を腰に付ける
水を茶碗に入れ茶筅通し(すすいだ後、2度上げ3度打ち)をし
d0161739_16021989.jpg
茶筅を定座(最初の位置)に置く。
d0161739_16033849.jpg
水を捨てて茶巾、茶筅を入れ、茶杓を(三つで)とって左手で建水を下げ、帛紗を草に捌いて茶杓を3回清めて茶碗に伏せ、帛紗を払い腰に付ける。

茶碗を勝手付きへ、釜に水を入れ水指の蓋を閉めると、茶入の拝見を請われる
茶碗を右、左で勝手付きへ移す
d0161739_16143643.jpg
釜に水一杓入れ、柄杓を構えて釜の蓋を閉め、柄杓を蓋置に引き水指の蓋を閉める。
d0161739_16195206.jpg
正客より「茶入の拝見を」と請われる(割り乞い)
★割り乞いするのは唐物と、行台子

柄杓、蓋置を建水にたたみ、茶入を持って客付へ回る
受け礼して柄杓を建水にたたみ、蓋置を左手に乗せて水指正面を向き、蓋置を建水の下座に置き、両手で茶入をとり
d0161739_16295747.jpg
左手に乗せ右手で押さえて客付3目外した位置へ回る。
d0161739_16320355.jpg
茶入を清め鐶付に出す
茶入を膝前に置き、帛紗を行に捌き
d0161739_16362464.jpg
d0161739_16365837.jpg
最初と同様に蓋と、胴を3回転清め
d0161739_16384852.jpg
帛紗の上に乗せ
d0161739_16395242.jpg
左親指で茶入の肩を押さえ、右手で左へ回して鐶付に出した後、帛紗の一番上をとり腰に付ける。
d0161739_16415967.jpg
茶入、仕服を拝見に出す
正客より「茶杓、仕服の拝見を」と請われる。受け礼をして水指正面を向き、茶杓をとり左手に持たせ、客付3目で茶入の右手前に左手をついて出す。
d0161739_18154402.jpg
居前を向き、左手で仕服をとり右手で左手に乗せ、客付3目で茶杓の右に左手をついて出す。このとき仕服の打ち留めが茶杓にかかるように出す。
d0161739_18195038.jpg
建水、茶碗、水指を水屋に下げる
水指正面を向き、柄杓・蓋置・建水を持って水屋に下げ、つづいて茶碗を下げ、水指を下げて茶道口膝前に置き、手をついて襖を閉める。客は道具を拝見する。

道具が返ったら道具の問いに答え、道具を下げ、総礼して点前を終る
拝見が終わって道具が返ったら、出て道具正面に座り、問いに答え
d0161739_18314010.jpg
仕服を左手に乗せ、その上に茶杓を乗せて左親指で押さえ、右手で茶入をとり
d0161739_18333495.jpg
左手の3cmほど上にかざして下がり
d0161739_18350223.jpg
d0161739_18352759.jpg
茶道口勝手付に3器を並べて置き(仕覆の打ち留めを茶杓に掛けない)、総礼し、襖を閉める
d0161739_18371675.jpg
道具の拝見
正客は道具を引き、自席に預かる
亭主が茶碗を水屋へ下げたとき、正客は道具を引きに出て、3器を並べて(仕服の打ち留めを茶杓に掛けながら、茶入は両手扱い)持ち帰る。
d0161739_21404270.jpg
茶入は縁外、茶杓と仕服は縁内に預かる(縁内に預かるときは打ち留めを茶杓に掛けない)。
d0161739_21420208.jpg
茶入を拝見する
水指が下がり、襖が閉まると次礼して、自分の古帛紗を縁外正前に広げ、茶入を乗せ拝見する。蓋は古帛紗の右上隅に乗せる。
d0161739_21464420.jpg
茶入を縁外で次客に送り、古帛紗を懐中する。
d0161739_21490051.jpg
茶杓、仕服の拝見
茶杓、仕服の拝見は常と同じ

詰の拝見が済むと、正客と出会いで返す
詰の拝見が済むと正客と出会いで返す。
d0161739_21555905.jpg
正客、詰とも茶入は手の上で左に回して返す。道具は正客から見て左から順に茶入、茶杓、仕服と並べて返す。このとき茶入は鐶付に返し、仕服の打ち留めは茶杓に掛ける
d0161739_21571445.jpg
知って得する意外な心得
1、茶杓の清め(3回)、茶筅通し(2度上げ、3度打ち等)は、点前の始めと、終わり
  の差はなし。唐物以上は前後同じ作法(ただし茶通箱は別)。
2、揉み手なし、茶杓の清拭きなし。
3、脱がせた仕服は左へ返す(風炉と逆)。
4、正客は、亭主により茶碗が下げられてから道具を引きに出る。水指が下がり襖
  が閉まると拝見する。
5、拝見で、鐶付に出されたものは縁内に取り込まない。
6、拝見道具返却の並び順は常のとおり、客から見て左から茶入、茶杓、仕服の
  順。行の行台子以上が亭主が拝見に出したときと同じ並び順(打ち返しなし)。


[PR]
# by sgk511 | 2018-05-03 16:46 | 茶道 お稽古風景 | Comments(0)

カテゴリ

全体
茶道 お稽古風景
茶道 茶事・初釜
茶道 篠笛とお茶の会
茶道 国際交流
茶道 うれしい知らせ
茶道 研究会千家講師訓
茶道 その他
お菓子の部屋
お客様
花・果物
旅行
ぶらりお出かけ
日曜大工
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月

フォロー中のブログ

最新のコメント

姿勢をもう少しまっすぐ伸..
by ちょこ at 12:56
ご指摘ありがとうございま..
by sgk511 at 22:02
ご覧いただきありがとうご..
by sgk511 at 11:31
忘れていた事を思い出しな..
by てるてる at 10:45
本当に重ね重ね説明してい..
by てるてる at 23:13
私が参加したのは13年前..
by sgk511 at 23:07
教えていただきありがとう..
by てるてる at 20:55
講習会で指導いただく点前..
by sgk511 at 22:41
この夏に男子組に参加予定..
by てるてる at 18:12
ご覧いただきありがとうご..
by sgk511 at 21:33

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

第14回 しの笛とお茶を楽しむ会
at 2018-10-29 16:51
お盆休み 倉敷美観地区へ
at 2018-08-19 22:04
お盆休み 道の駅ハシゴ
at 2018-08-18 21:09
広島フラワーフェスティバル
at 2018-05-05 12:10
お稽古風景(51)…四ヶ伝(..
at 2018-05-03 16:46

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧